美脚見せるためには。

パンツを選ぶ時は、なんとしてでも美脚パンツを選びたいと思っています。私の中の美脚パンツとは、通常よりも脚が長く見えること、お尻の位置が通常よりも高めに見えること、そして全体の身体のバランスが良く見えるパンツが美脚パンツの定義だと思っています。

また美脚パンツを履くことで、いつもよりも体型全体が痩せて見える事も必須です。
女性ならば誰しもがパンツを選ぶには、美脚パンツを選びたいと思うものだと思います。

私が最近になって購入をした美脚パンツのカラーはブラックカラーにしました。
美脚パンツのブラックカラーパンツはスリム効果もありますし、足をほっそりを見せる効果も抜群です。そしてトップスにもっていくものでは、より美脚に見せる事ができます。
また、美脚パンツを選ぶ時は丈感は少し長めにしています。通常はヒールで履くので、靴を脱いだら、若干引きずるくらいの長さの丈感を選びます。

また、美脚パンツの中はヒップアップ効果がある、ガードルタイプのパンツを履いて、よりヒップアップ効果を高めています。
トップスはお尻が隠れない程度の丈のものを選ぶことでほっそりと見せています。
普通のパンツと美脚パンツでは相当の違いを感じているので、今度も美脚パンツを選ぶと思います。

大人だからスカートを穿こう!

若い頃はスカートを穿いていたけれど、この頃はもう長いことスカートを買わずパンツスタイルばかりになっている人。スカートは何だか気恥ずかしくて、穿いたとしても自分には似合わないから穿かない人。そんな大人の女性は結構いると思います。でも自分のファッションスタイルで最初からスカートを除外してしまうのはとても勿体ないことです。ミニスカートは穿けなくなったかもしれませんが、大人になった今だからこそ似合うスカートを探してみましょう。大人の女性に似合うスカートはロング丈がおすすめです。柔らかな素材でてろんと垂れ下がるタイプのスカートは、着る人を落ち着いた大人のやさしい雰囲気に見せてくれます。身のこなしも美しく見えて、気持ちも自然とやさしくなれます。パンツスタイルよりも足元に目が行くので、お気に入りのパンプスやシューズと合わせるのもおすすめです。ベーシックなカラーで細身なタイプのスカートは、体の縦のラインを強調するのでスタイルが良く見えるようになります。伸縮性も備わった素材が多いので、動きも制限されません。スカートよりパンツの方が動きやすいと長年パンツスタイルだった人もぜひ挑戦してみてください。脚の動きやすさや楽ちんさは癖になってしまうでしょう。

シャツワンピースでおしゃれに

シャツワンピースは夏にとてもおすすめのワンピースです。夏におすすめのシャツワンピースは着心地もとても良いです。無地のシャツワンピースも柄のシャツワンピースも1枚持っていればとても役立ちます。シャツワンピースの魅力は1枚でも着ることができますが重ね着アイテムとしても着回しできるという点です。シャツワンピースは1枚で着ると動きやすいですし楽チンです。一番上のボタンだけ外して着るとよりカジュアルに見えます。レギンスなどパンツと合わせて着るのもおすすめです。ふんわりしたロングスカートと合わせるのもボリュームのあるコーディネートになっておすすめです。可愛らしい雰囲気になります。重ね着の場合はボタンを外して着ます。中に着るアイテムで色々な雰囲気を出すことができます。パンツでカッコよく見せるのもアリですし、スカートで可愛く着こなすこともできます。シャツワンピースはストライプ柄や花柄など柄物だと1枚で着た時もおしゃれに見えます。無地のものを選べば重ね着しやすいです。ストライプ柄を選ぶと縦のラインを強調できるので着やせ効果も期待できます。無地のものは白や黒など重ね着しやすい色を選ぶと着回ししやすくなります。

大学生時代での服選びの変化

私がファッションを気にしだしたのは高校生の頃でした。
田舎暮らしでファッションの情報といえば雑誌がメインで実際自分の同世代がどんな服を着ているかとかは同級生と休日に遊ぶくらいなものでした。
もちろん雑誌を読めば都会でどのようなファッションが流行っているのかは知っていましたが、見ることはありませんでした。
そんな私が大学生になり、都会のほうに出ることになりました。その時に実際に周りとみると自分のは着飾りすぎて周りに比べて幼い印象になっていると感じていました。
雑誌の知識ばかりになっており、少し行き過ぎた形になっていました。そこから、大学時代には雑誌の知識だけではなく、周りを見ながらバランスとシンプルさを意識しながら服選びを行うようにしました。雑誌だけの知識だけでなく先輩や同級生がどのようなファッションをしているのかを意識して、少し落ち着いて見えるようなファッションを意識しました。
また、一つの雑誌の知識だけで選んでいたので、同じようなものばかりになっていたので、そこも見直すことにしました。基本的な趣向は変わらないものの高校生時代よりも多くの異なったシチュエーションによって雰囲気を場所によって選べるようになりました。
私は雑誌の知識だけであったのが、周りを見ることで大学生らしいファッションに移ることができました。

時代ごとに変化する服選び

年齢とともに服選びは変わってきました。現在でも変化してきています。よく言われるのが年齢とともに地味になってくると言われます。明るい色から暗い色。目立ちにくい色に変化してきます。都心と地方では特にその事が言えます。地方では目立たない事を当たりまえと習慣的に考えている方々が多いです。年老いた人が明るい色の洋服を大きいサイズのタイツをスカートに合わせて着ていたら「歳なのに明るい色を着て」との指摘が何処からともなく聞こえてきます。それが昨今では少し変わってきています。特にバブル期と言われる1980年から1990年頃になってくるとだいぶ見方や考え方が変わってきました。人の秋の大きいサイズのファッションにはロングワンピースを派手な服装があまり珍しくなくなり、テレビや流行が奇抜な色遣いでも認められるようになったからか、原色で派手目な色使いでも若い人だけでなく年齢が高年齢でも認められるようになってきました。確かに年齢が高年齢になるとあまり派手な色遣いは見た目だけでなく着た感じも違和感があるという考え方は、2000年以降でもありますが、歳が高年齢でもオシャレな人はロングスカートの選び方が昨今着ている人を見るようになりました。ピンクや赤色でも別に問題なくなりつつあります。顔色が明るく見えるとの事もあります。女性らしいナチュラルで大人可愛いニットをファッションにだけでなく定年を過ぎた60歳過ぎの男性でも、明るい色の服装も昨今は否定されません。年齢とともに変化して地味な色の服装をしていた時代は次第に変化してきているようです。また老人と言われる方々も考え方が変化しています。自分の着たい色合いの(明るい色)服装を好まれる老人も男女共に増えてきています。このように今までの服選びの考え方が、昨今変化する時代に来ているのかもしれません。歳をとるごとに地味な色合いという考え方は、これから否定される時代になるかもしれません。

トップスとボトムにメリハリ

私はいわゆる下半身太りです。
上半身には細いと言われることもあるのですが、下半身はドーンとお肉がのっかっています。
おしりの大きさと足の太さがコンプレックスで、スキニーやショートパンツなど体のラインが出やすいボトムは残念ながら全く似合いません。
そんな私のコーディネートのこだわりは「トップスはぴったり、ボトムはふんわりでメリハリをつける」ことです。
トップスはデコルテが見える襟ぐりが大きく開いたものや、体にフィットする伸縮性のあるニットや細身のシャツを身につけることが多いです。
顔色がぱっと見える明るい色や、目をひく柄物やアクセサリーを上半身に持ってくることもあります。
ボトムは逆にガウチョパンツやロングスカート、ワイドパンツといった足を隠してくれる服を選ぶようにしています。
クロップドパンツやスキニーのようなスッキリしたボトムを買う場合はブラックやネイビーなど締まって見えるダークカラーを選ぶようにしています。
足元は、ボトムと同じか同系統のカラーの靴を選びます。こうすることで全体を引きで見たときに分断されず、下半身がまとまってスッキリと見えることが多いからです。
体型であまり悩みすぎずに、スタイル良く見える組み合わせやカラーはどういうものだろう?と考え、自分らしい服を選ぶことを大切にしています。

コーデのポイントはトレンド感

私が思うオシャレな女性服というのは気品があってそれぞれの人が似合う服というのが前提になります。中には高いブランドの服がオシャレな女性服と思っている人もいるかと思いますがそんな事はなくて自分に似合う服を選ぶのが良いです。

それがオシャレな女性服を正しく選ぶことになると思います。確かにブランドの服でもオシャレな女性服は多くあります。ですが、それだけを基準にして選んでも意味がないです。

なのでオシャレな女性服というのは単純に高い服を選んでおけば良いという事はないです。
そこからさらに一歩進めて服選びをしていく必要があります。

そうしないとせっかく良いと思って選んだ服でも満足できないという事があります。
また自分ではそれがオシャレな女性服だと思っていても他人から見れば全然オシャレでないと思われている事があります。

ですから、これからオシャレな女性服を選んでいきたいと思っているなら自分にはどういう服が似合うかとか誰が見てもそこそこオシャレに見えるかどうかを基準にして女性服を選んでいくのが良いです。

そうする事で本当の意味でオシャレな女性服を着用できるようになるのでこれまで自分に合う服選びをしてこなかったという人はもっと慎重に服選びをするのが大事です。

大人女子必見!40代50代に大切なこと3つ

何歳になっても忘れたくないのは乙女心です。40代、50代といえばバリバリ仕事をする強い女性、もしくは子育てが中盤から終盤に差し掛かっている強いママ、といったイメージでしょうか。一言で表すとすれば「落ち着いた大人の女性」ですが、そんな大人の女性にも「女子」の心を忘れてはいけません。そんな、女子の心・乙女をファッションに取り入れてみるのはいかがでしょうか。落ち着いた雰囲気の中に、チラっと覗かせる可愛らしさは40代、50代の魅力の特権です!それには、3つのポイントがあります。それは、1.笑顔・2.ナチュラル・3.ふんわり感です。年齢問わずこの雰囲気は、誰でも持ち合わせていたいものですが、特に大人の女性の場合は忙しい日常の中でコレを忘れがちです。笑顔が映える服、ナチュラル素材、そしてふんわり感を演出してくれるデザインです。この3つを取り入れることで、落ち着いた大人の女性と可愛らしさのバランスをうまくとることができます。色を選ぶとき、どうしても無難な色を選びがちです。着回しも考えて、何にでも合わせられる黒を、取り敢えず選びがちです。もちろん、黒をひとつ揃えておくと便利です。たとえばその黒を、淡いグレーにしてみたり、チャコールグレーに変えてみるだけで、重たいイメージからガラっと変化できます。素材も、高ければいいということではありません。高級感、ラグジュアリー感も必要ですが、ナチュラルな雰囲気も時には大切です。それには、リネン素材をひとつ取り入れるのがおススメです。笑顔の似合うナチュラルな服選びは、大人のオシャレ可愛い女子にしてくれます。そして、ふんわり女子を心がけることで、より一層40代、50代女性の魅力を引き出してくれます。おさえるべきポイントは、笑顔・ナチュラル・ふんわり感です。

服を買う決め手はたったひとつ

服を選ぶとき、まずパッと見て「かわいい」と思う柄やデザインの服を手に取りますが、実際購入に至るにはそれが決め手にはならないことがほとんどです。では何が決め手になるのかというと、「着心地がよいかどうか」です。どれだけ柄やデザインなどの見た目が好みでも、素材の肌あたりがよくなかったりするとすごく残念な気持ちになります。服は何時間も身に着けるものなので、着心地がよくないと無意識に着なくなってしまうからです。袖口やウエスト周りにゴムが使用されている服はサイズが合っていてもゴムがきつすぎると締め付けで具合が悪くなることもあります。今の時代、通販で便利にお買い物ができますが、試着をせずに購入するとどうしても着心地を確かめられないので、それで失敗することもあります。長くお気に入りの服を愛用したいので面倒でも極力店頭で試着をして決めています。試着をすると自分に本当に似合うかどうかもわかりますし、実際に着てみて気持ちいい、苦しくない、動きやすい等自分がどう感じているかを確かめることが出来ます。デザインや色、柄が好みで、着心地が良いこと、試着の際鏡で着ている姿を見て似合っていると感じる、この条件をクリアするものを見つけるのはなかなか大変な時もありますが、せっかくお金を使うからにはちゃんと自分が納得いくものを選びたいものです。

サイズチェックだけは入念に

通販で服を買う際に気をつけるポイントは買いたい服のサイズをしっかり確認することですよ。コレは服を通販で買うときの基本ですよね。ネット通販がこれだけメジャーになっているのだからみんなよく分かっているはずです。それなのにサイズが合わなかったと文句を言う人が後を絶たないのはちゃんとサイズ確認できていないからでしょう。デザインは画像から分かるため勘違いということもないはずです。色だって最近の画質はどれもちゃんとしているから画像の色と違ったという間違いもほぼほぼ無いでしょう。やはり通販で服を買うときにミスしやすいのはサイズなんですね。トップスなら最低でも身幅と着丈の確認は必要ですよ。もう少し詳しいサイズ・・・たとえば袖丈とか肩幅のサイズもチェックしておくとサイズ違いの問題が少なくなります。ボトムスならウエストにゴムがあるかどうか、ゴムがあってもウエストサイズは必ず確かめましょう。ヒップ周りや太もも周りもしっかり確かめること。もちろんパンツの長さも忘れずに。思っていたのと違ったという間違いはサイズチェックをすることでかなりなくなるはずなんです。それが通販で服を買う際に気をつけるべきポイントになります。