上品に見える洋服と着こなし

上品に見える服装とはどのような服装でしょうか?
上品に見える服装の定義は人によって違うと思いますが、概ね次のような物だと思います。
流行りものよりもベーシックなデザインで、カジュアルよりもフォーマルに近く、露出の少ない服装・・・
しかし、この条件を満たす服装でも上品に見える服装とそうでない服装があります。
この違いについて考えてみると、やはり色柄が関わっている様に思います。

例えば、上品な形の洋服でも奇抜な色柄では上品には見えません。
個人的には、無地やチェック、細かい花柄等の色柄は上品に見えやすいと思います。
洋服の色は、白・ベージュ・黒・グレー等のベーシックな物が基本になりますが、昔から日本では品のある服装として紺色の服が好まれる傾向にあります。
藍染の名残でしょうか、黒よりも日常的に使いやすく、堅苦しくはないけれど品のある色で、スーツや制服でも良く見る色です。

ベーシックなデザインが上品に見えるのは事実ですが、ベーシックな無地の洋服ばかり選ぶと地味になる事もありますね。
そんな時は、対照的な色の洋服を組み合わせると色合いのコントラストからメリハリを出す事ができます。
この時に、例えばフレンチスリーブのコンパクトなシャツにギャザーの入ったロングスカート等、洋服の形も対照的にすると堅苦しさが無くなります。

洋服の形はフォーマルな装いを参考に、トップスは体に添うようなデザインの物を、スカートは膝下丈の物を選ぶと上品に見えやすいですが、必ずしもこの様なデザインを選ぶ必要はありません。
ただ、ウエストや手首等、一部だけでも体のラインが出るようにするとより品良く見えるでしょう。

スタイルを良く見せる服選びとは

服のコーディネートによって体型がスマートに見えるかどうか大きく影響してきます。誰しもがスマートな体型に見えた方が嬉しいと思います。よりスマートな体型に見せるためにも服選びはとても重要です。そんな、服選びの際にスタイルを良く見せるためのコーディネートとしてズボンでは、スキニーデニムやチノパンといったアイテムがあります。スキニーもチノパンもいずれも自分の脚にしっかりとフィットするタイプとなっているため、足が細く見える効果があります。ゆったりしたジーンズやデニムズボンは、ゆとりがあるため大きく見えてしまいがちです。チノパンやスキニーといったアイテムを選ぶ事で下半身のスタイルが良く見える効果が期待出来ます。次に上半身のシャツのコーディネートも同様で比較的、ゆったりとしたサイズのシャツを着るとどうしても身体が大きく見えがちです。細身のカットソーなどを着る事で上半身もスマートなスタイルに見せる事が出来ます。カットソー以外にもストライプ柄のシャツなどもすっきりと見せる事が出来ます。スタイルを良く見せるコーディネートとして、ズボンはスキニーやチノパン、シャツはカットソーやストライプシャツなどを用いるとすっきりとスタイルが良く見えます。

40代派手な色はひとまず卒業

40代の服選びで気を付けるポイントは「若作りしているように見られない」ことと「老けて見られない」ことです。若い世代とシルバー世代に共通している服装に派手な色があります。若い頃は派手な色の服を着ても似合いますし、60代以上の方は明るい色を服に取り入れている人が多いです。40代は黒、グレー、白などの落ち着いた色の服が似合います。アクセントとしてシンプルなアクセサリーをつけるのも良いでしょう。体型も40代になると隠したい部分が色々出てきます。特に腰回りは普段から特別な運動でもしていない限り肉がついてきます。ボトムスの丈の長さをロールアップにしたりして少し短めにしたり、スニーカーよりはパンプスやハイヒールを履くことで足を長く見せる気痩せ効果を活用したり、トップスは袖が広がるタイプを着て腕を細く見せるのも良いでしょう。20代、30代のころと違い、ブランド服を取り入れたほうが良いかと気にもなりますが、ファストファッションでも十分着こなせます。しかし、いつまでもカジュアルすぎる格好をするよりはヒールの高い靴に似合うボトムスを選ぶことや、シンプルなネックレスなどが似合うトップスを選ぶことが大事です。アクセサリーは少しくらい派手な方がアクセントがありそうですが、もう少し年を重ねてからのほうが似合ってきます。シンプルで落ち着いた服を選ぶことが40代らしさを素敵に出してくれます。

服の着まわしを勧める理由とは

洋服の着まわしでも充分お洒落ができると知りました。絶対おススメです。私も若い頃は本当に流行りの洋服に飛びついては何着も買って着たものです。しかし結婚し、子供ができると自分で自由にできるお金も時間もなくなり、自然と洋服を買いに行くことすら遠のきました。そして子育てが落ち着いた現在は、仕事をするようになって、人前に出るので、ある程度はお洒落をしなければと意識するようになりました。その時に、無駄のないように洋服を買いたいと思ったことが
着まわしのきっかけです。着まわしのポイントは、長く使用できるデザインと色の洋服を揃えること。流行りのデザインにすぐ飛びつかないようにしています。洋服は流行りのものではなくてもいいということです。流行は小物などでアピールしていけば、それだけでも変化を楽しめます。でもただ無難な洋服を揃えても、マンネリ化したりして楽しみが無いので、自分の本当に好きなもの、似合う洋服であることも含んで洋服を揃えてみてください。私は店頭に行くとこれも欲しいあれもいいで訳が分からなくなりますので、前もってどんな色のどんな服を買うと決めてから行くようしています。メインの色を決めて足りない色を購入するでもいいです。だいぶ洋服が絞られてきますが、その中で着まわしするのが楽しくなってきます。案外色々なパターンができます。クロゼットもスッキリ。洋服も大事にするようになりました。流行りの服を着るのもいいのですが、こういう楽しみ方があるというのを知ってはまっています。是非着まわしはおススメです。

着痩せする服選びは楽しい!

なかなかダイエットしようと思ってもスムーズにできないというケースも多々あります。着痩せするような服選びや組み合わせによって、かなりスッキリとした印象になり、5kgほど痩せた印象になるので、洋服の選び方や着こなし方はとても重要だといえます。年齢を重ねてくるとお腹周りや太ももからお尻にかけてかなりしっかり脂肪がつくので、体型カバーするようなチュニック・ワンピースなど、少しダボっとした服装を好んで着るケースも多いですが、逆に太って見えることもあるため注意が必要になります。チュニックの着痩せは、ウエスト部分にデザインが入っていたり、オシャレなベルトで少しインパクトをつけるなど、上下でメリハリを持たせるような着こなし方は大切になります。やはり着痩せすることで、スッキリしますし無理しなくても着痩せすることで、印象も大きく違いがあります。着痩せテクニックを自分なりに習得すると、色んな場面で活用することができます。

タートルネックは着ない

タートルネックのセーターなどは非常におしゃれですよね。少女漫画などでもタートルネックのセーターやベストなどをきた主人公が出てくることもありますし、なんだかほっそりとしたイメージを打ち出してくれるアイテムだと思います。
しかし、自分がぽっちゃりだと思うならばタートルネックを着るべきではありません。ぽっちゃりだという人は、大体顔が丸いですよね。だからこそ、タートルネックを着てしまうと顔の丸さが強調されてしまい、余計に太って見えてしまうのです。さらに、タートルネックは体にフィットしたようなスタイルのものが多いため、ぽっちゃりした人がタートルネックを着ると顔丸く見せてしまう他にも体の大きさが強調されてしまい、余計に太って見えます。顔が大きいという事と体の大きさが同時に強調されてしまうため、実際にはそこまでぽっちゃりではなかったとしても、かなり太って見えてしまうでしょう。だからこそ、タートルネックは着るべきではありません。
もしも普通のセーターなどを選ぶのであれば、出来る限り鮮やかな色がオススメです。薄い色は体をぼんやりと見せてしまうため、余計に太って見える可能性が高いです。濃い色のセーターを着た方が細く見えます。

大きいサイズの服の失敗談

私は傍から見ても結構太っているので、服はもちろん大きいサイズを着ています。サイズは、L~2Lくらいです。先日、大きいサイズの洋服を購入して失敗してしまったことがありました。大きなウエストを隠そうとして、ヒラヒラになっているチュニックを買ったのですが、それが失敗でした。細い人がチュニックを着るとオシャレに決まるのに、私が着ると余計太って見えてしまいました。その洋服は、ウエストもゆったりとしているので全体が大きく見えてしまうようになってしまいました。自分のスタイルにショックを受けましたが、買い物失敗したなと思いました。学ぶこともありました。ウエストが多少大きくても、チュニックはウエストが少し締まった形ものを買うべきだということです。これは持論であり、私の経験談ですが、この失敗があってからチュニックを購入するときは慎重になりました。少しウエストが締まったチュニックを買えば、着やせ効果も期待できると思います。ウエストの締りがないチュニックは、私には合いませんでした。私は身長も高いので余計に大きく見えたと思います。身長が低めの方なら、ウエストの締まっていないチュニックでも可愛く着こなせると思うのですが。以上、私が大きいサイズの服を購入したときの失敗談でした。

洋服購入は通販がおすすめ

通販を利用すると沢山の洋服がありますので自分好みの1着を買うことができます。
通販で洋服を購入するメリットをまとめてみました。
まず1点目は、いつでも洋服を買うことができるという点です。24時間、好きな時に自宅から洋服を買うことができます。時間が無くて買い物に行けない人も買うことができ便利です。
2点目は、小さいサイズや大きなサイズもおしゃれな洋服を買うことができる点です。実店舗で大きなサイズのお店や小さなサイズのお店は少ないです。自宅近くに無いという人も多いです。通販では小さいサイズも大きいサイズも沢山の洋服が揃っています。
3点目は、様々なブランドの洋服をまとめて購入できる点です。色々なブランドの洋服を買いたい場合、実店舗だと店舗をはしごして買いに行かなければいけません。しかし通販なら各ブランドのアイテムを簡単に購入できます。
4点目は、店員さんに声をかけられなくて済む点です。ショップに行くと店員さんに声をかけられて嫌だ、一人で買い物したいのに・・という人は多いです。通販なら声をかけられる事もなく自由に買い物できます。
5点目は、お店に無いセールアイテムもあるという点です。通販限定のセールが開催されることも多いので
見逃せません。通販で洋服を購入するとメリットが沢山ありますね。

洋なし体型カバーコーディネート

体型カバーコーディネートは誰でもコツを覚えると簡単にできますよ。はじめに自分の体型についてちゃんと把握することが大事。以外と自分の体型を知らない人が多いんですよね・・・。自分のカラダだから毎日見ているし分かっていて当たり前だと普通は思うでしょう?しかし、意外なことに自分の体重ばかり気にして体型については知らない人が多いのです。まず自分のスタイルを裸になって観察してみましょう。それから体型カバーコーディネートについて考えるのです。わたしは典型的なような洋なし体系です。要するに上半身が痩せていて下半身の肉付きがいい体型。この体型をカバーするには大きいサイズの浴衣を通販で買いコツがあって、わたしはトップスを少し大きめにしてなるべくお尻が隠れるようなデザインを選んでいます。身幅が大きめよりも着丈が長い服を選んでいますよ。こうして大きなヒップを隠すのです。ボトムスはわたしは膝下が細いのであえてそこを見せるようなパンツを選んでいます。その時普通の膝丈パンツではなく伸縮性に優れたカラダに沿うようなパンツを選びます。気になるお尻が隠れて出したい膝下を出すことでスタイル良く見せることが出来ます。ちょっとしたテクニックですがスタイルよく見えてお得です。

コーディネートは色味が大事 

私は服のコーディネートで重視するポイントは、全身1色にならないように気を付けています。トップスとボトムの色が同じような色になることもありますが、そういう場合は靴やカバン、またはベルトなどで全く違う色でアクセントを付けるようにしています。こうすることで、見た目の印象は変わってきます。また、重ね着をする時は下に着ているブラウスやシャツの袖口や首周り、または裾などを見せるようにして、色を重ねて見せるようにしています。他にもパンツの丈を短くして、靴下の色でアクセントを付けることもあります。暗い色が中心の服装でも、その中で明るい色のポイントを付けることで、色のバランスが取れてくると思います。また、できるだけ全身真っ黒という服装にならないように気を付けています。濃い色を選ぶ時は紺色や深緑などが多いです。黒いパンツを穿く時はトップスを違う色になるように調整しています。夏に全身真っ黒の服装をしている人を見かけることがあります。おそらく紫外線対策なのだと思いますが、見た目の印象が良くないと感じてしまいます。そのため、私は紫外線対策では他の方法を用いるようにしています。服の色と温度とは関係が大きいと思うので、それも考慮して、服を選ぶようにしています。