ワイドパンツで体型隠せていない

ワイドパンツは体型隠しの強い味方として雑誌などでも紹介されていますよね。でも、実際に来てみたところ、自分の場合はなんとなくワイドパンツで逆に太って見えるような気がしました。周りの人を見てみると、ワイドパンツをかっこよく着こなしていて、羨ましさも感じました。もしかして、着方が間違っているのでは?と思い、改めて自分のコーディネートの仕方を見直してみました。いつもワイドパンツを着る時、上に合わせているのはTシャツ。よく選んでいるTシャツはちょっと首元が詰まっているデザインです。インターネットで調べてみると、こういう首元が詰まっている洋服は逆に太って見えやすいのだとか!特に胸がある人はふくよかに見えてしまうのだそうです。私の場合そういう心配はないのですが、やっぱり上に着る洋服を少し襟元がゆったりとしたデザインのものに変えたところ、随分印象が変わりました。今まではなんだかイマイチな印象だったのですが、首元がすっきりしたおかげで、全体の印象も軽く爽やかな雰囲気になりました。ワイドパンツに合わせる洋服だけで、こんなに印象が変わるのかと思いました。また、単純に体型を隠すためにワイドパンツに頼りっきりで、これさえあればと思っていた自分に気が付きました。ちゃんと全体のコーディネートを考えないといけませんよね。

二の腕を細くみせる秋コーデ術!

秋といっても9月くらいだとまだまだ暑さが続いてノースリーブや半袖などの薄着をしたい季節です。「暑いから薄着したいけど二の腕を出すのが嫌!」と悩んでいる人も女性なら多いと思います。そこで二の腕隠しに最適なコーデ術やこれをすると逆に太く見えちゃうから注意!といった事を紹介します。二の腕が気になる人が絶対にやっちゃいけない秋コーデは膨張色を選んでしまう事とぴちっとした形の服を選んでしまう事です。ホワイトやピンク、イエローなどのパステルカラーは暖かいイメージがあるので秋になると選びたくなりますよね。でも明るい色や暖色系は膨張色なので二の腕が太く見えてしまうので、ブルーやブラックなどの収縮色を選ぶのがコツです。パフスリーブのような肩にボリュームが出て、丁度二の腕の部分がキュッと締め付けられているデザインの物や、ピタッとした密着しやすい服は二の腕が太く見えてしまうので注意が必要です。二の腕が気になる人におすすめの形はフリルが付いた物やベル型の物です。大きめのフリルが付いている物はより二の腕が細く見える効果があります。その他にはケープブラウスもおすすめです。肩や二の腕などをしっかりと隠してくれるだけじゃなく通気性も良くて、まだまだ暑い秋の始めのコーデとして参考にしてみてくださいね。

秋に取り入れたいベルベット素材

秋のファッションに取り入れたい素材として、一番に候補に挙げたいのが、ベルベット素材です。
ベルベットならではの、光沢感は、シンプルなブラックのワンピースでも、高級感とエレガントさをアピールしてくれます。
半袖のワンピースでも、ベルベット素材だったらあったかいので、夕方に美しいショールを羽織るだけでOKです。
ベルベットのブラックカラーの半袖ワンピースに、レースやフリンジ、ファーなどの装飾のついたショールを羽織るスタイルは、とても上品で女性らしさを存分にアピールできます。
もしもベルベット素材が手に入らなくても、ベルベット調であれば、充分に高級感をアピールする事ができます。
ベルベット素材って、年齢を問わずに使えるし、フォーマル感もあるので、結婚式やおよばれのシーンでも活用できます。
おすすめのデザインは、半袖のベルベットのワンピースに、裾が二段のチュールのデザインです。
オールベルベット素材のワンピースだと、重くなりがちですが、裾にふんわりとガーリー感溢れるチュールを重ねる事によって、動いた時にふんわりとしたシルエット美をアピールできるので、すごくおしゃれです。
おしゃれ上級者になると、ベルベット素材でもブラック系だけでなく、ブラウン系、グレー系、ネイビー系などを上手に着こなせるようになります。
今年の秋に向けて、おしゃれなベルベット素材のワンピースを早めにゲットしていきたいです。

お腹カバーに有効な法則を発見!

20代、自分に着られない服はないと思っていたあの頃、隠す部分なんてまったくなかったあの頃。それが40代になったいまは、どこもかしこも隠したいところだらけです。中でもダイエットをしてもまったく減る気配のないお腹まわり。主人のお腹を見て浮き輪みたいだねと笑っていられたのは遠い過去の話で、いまや私のお腹まわりにも浮き輪がついてしまいました。
これを取り除くことはもはや不可能なので、日頃のファッションは何かとお腹まわりを目立たせない大きいサイズのトップスをような服装を心掛けています。
そんな私が見つけた法則をご紹介いたします。私が勝手に呼んでいるのは、XとYの法則です。このローマ字をよく見ると、中央の交わっている部分は細くなっています。細いというより膨らみがない文字という方が正しいでしょうか。この形をファッションにも取り入れたら細く見えるのでは?と思い、実践するようになりました。例えば、下半身を意識する前にまず上半身も気にします。XやYの形のように、3Lの私が秋冬にリネントップスを大きいサイズのお店で購入しはVネックを着た方が、全体を見たときにスッキリして見えます。そしてボトムスはXのように裾の広がったスカートや、Yのようにストンと落ちた大人ナチュラルなコーディネートにはワイドパンツが必須。お腹は隠すのではなく、逆にどちらもトップスにインした方が逆にお腹周りが目立たずオシャレなニットを秋冬の大人コーデにません。
お腹まわりを気にするならば、XとYの法則で全体的にスッキリさせることがポイントだと思います。

ストールで二の腕カバー

女性の二の腕カバーファッションは比較的簡単にできますよ。夏でも二の腕が出ないファッションなんていくらでも出来ます。たとえ二の腕が出てしまうトップスでもストールを首元に巻いてみると人の目線はスカーフへ行くんです。だから半袖を着て二の腕がチラッと見えてしまうことが悩みなら、柔らかくて薄手のストールを首に巻くことをオススメします。ストールはスーパーなど食品を取り扱っているお店に行くとき特に重宝します。なぜならストールは首元や二の腕隠しにも使えるし冷房対策にもなるから。柄物もステキですがどんなトップスにも組み合わせられる無地のストールやスカーフを数枚用意しておくと便利ですよ。ストールは元々大きいので上半身をすっぽり覆えますがスカーフはそこまで大きくないので、二の腕をカバーしたいのであれば大判タイプを選びましょう。わたしはスカーフよりストールを愛用しています。首や二の腕隠しはもちろん日焼け対策としても使えて一度使ったらやめられなくなります。女性は年齢を重ねるとどうしても二の腕がたるんでくるのでファッションでカバーするテクニックを早くから身につけておくと良いですよ。人目が気になったらストールで上半身を隠してしまいましょう。

オシャレな女性服は男性にはどう映る?

オシャレな女性服を着こなすことができたらいいですよね。綺麗な着こなしができれば気分は上がりますし、男性からも好印象を抱かれやすいでしょう。でも、自分のためだけに、オシャレが好きだから私の好きなオシャレ服を着るんだ、と思ってしまうとちょっと痛い女になってしまうかも。オシャレな女性服を着こなす前に、まずは男性目線で女性のオシャレがどのように見えているか、考えてみましょう。まずオシャレな女性に対して悪い印象を抱く男性はほとんどいません。カラーコーディネートがきちんと考えられたTPOに合わせた服装であれば、むしろ好感を抱く男性がほとんどでしょう。ただし、その際に、あんまりにも派手過ぎるという印象にならないようにすることが大切です。男性の服装をチェックする時も清潔に見えるかどうかは大切じゃないですよね。それと同じで、派手さよりも清潔感を重視してコーディネートを選ぶようにすると、男性目線から見ても良い印象のオシャレな服装を選ぶことができます。またあまりにもハイセンスな服装を選んでしまうと、オシャレにあまり興味のない男性からは別の世界の人、と思われてしまうかもしれません。そのような男性に対しても清潔感のある服装はポイントが高いです。

スタイルが良く見える服の選び方

もともとスタイルが良く、何を着ても様になる方は、気に入った服を着たいように着ればいいと思いますが、背が小さく太っている私は、昔から本当に苦労してきました。パンツは必ずお直しが必要で、大幅に裾上げするのでラインが変わってしまうし、ウエストに合わせてスカートを買えば、床まで引きずる長さになってしまいます。試行錯誤してたどり着いたのが、長所を生かす服選びでした。例えば、チュニックを買うとき、あまりに体にフィットしたものを選ぶと、お腹が目立ってしまいます。でも、胸のトップに切り替えが入っていて、Aラインになっているものを選べば、切り替えの目の錯覚で、お腹が目立たずキレイなラインが出ます。トップスをフワッとさせる代わりに、ボトムスをスキニーなどのピタッとしたラインにすれば、全体が引き締まって見えます。胸が大きな女性は胸元がスッキリしたデザインを選べばいいですし、逆にスレンダーな女性は、胸元にフリルなどの飾りが付いたトップスを合わせれば、立体感が出ます。背が高い女性はロングスカートを華麗に着こなせますし、小柄な方は比較的年を重ねてもガーリーな服を着こなせる傾向が高いです。自分の長所を見極めて、長所に目がいく服選びをすれば、結果的にスタイル良く見えるのではないかと思います。

美脚見せるためには。

パンツを選ぶ時は、なんとしてでも美脚パンツを選びたいと思っています。私の中の美脚パンツとは、通常よりも脚が長く見えること、お尻の位置が通常よりも高めに見えること、そして全体の身体のバランスが良く見えるパンツが美脚パンツの定義だと思っています。

また美脚パンツを履くことで、いつもよりも体型全体が痩せて見える事も必須です。
女性ならば誰しもがパンツを選ぶには、美脚パンツを選びたいと思うものだと思います。

私が最近になって購入をした美脚パンツのカラーはブラックカラーにしました。
美脚パンツのブラックカラーパンツはスリム効果もありますし、足をほっそりを見せる効果も抜群です。そしてトップスにもっていくものでは、より美脚に見せる事ができます。
また、美脚パンツを選ぶ時は丈感は少し長めにしています。通常はヒールで履くので、靴を脱いだら、若干引きずるくらいの長さの丈感を選びます。

また、美脚パンツの中はヒップアップ効果がある、ガードルタイプのパンツを履いて、よりヒップアップ効果を高めています。
トップスはお尻が隠れない程度の丈のものを選ぶことでほっそりと見せています。
普通のパンツと美脚パンツでは相当の違いを感じているので、今度も美脚パンツを選ぶと思います。

大人だからスカートを穿こう!

若い頃はスカートを穿いていたけれど、この頃はもう長いことスカートを買わずパンツスタイルばかりになっている人。スカートは何だか気恥ずかしくて、穿いたとしても自分には似合わないから穿かない人。そんな大人の女性は結構いると思います。でも自分のファッションスタイルで最初からスカートを除外してしまうのはとても勿体ないことです。ミニスカートは穿けなくなったかもしれませんが、大人になった今だからこそ似合うスカートを探してみましょう。大人の女性に似合うスカートはロング丈がおすすめです。柔らかな素材でてろんと垂れ下がるタイプのスカートは、着る人を落ち着いた大人のやさしい雰囲気に見せてくれます。身のこなしも美しく見えて、気持ちも自然とやさしくなれます。パンツスタイルよりも足元に目が行くので、お気に入りのパンプスやシューズと合わせるのもおすすめです。ベーシックなカラーで細身なタイプのスカートは、体の縦のラインを強調するのでスタイルが良く見えるようになります。伸縮性も備わった素材が多いので、動きも制限されません。スカートよりパンツの方が動きやすいと長年パンツスタイルだった人もぜひ挑戦してみてください。脚の動きやすさや楽ちんさは癖になってしまうでしょう。

シャツワンピースでおしゃれに

シャツワンピースは夏にとてもおすすめのワンピースです。夏におすすめのシャツワンピースは着心地もとても良いです。無地のシャツワンピースも柄のシャツワンピースも1枚持っていればとても役立ちます。シャツワンピースの魅力は1枚でも着ることができますが重ね着アイテムとしても着回しできるという点です。シャツワンピースは1枚で着ると動きやすいですし楽チンです。一番上のボタンだけ外して着るとよりカジュアルに見えます。レギンスなどパンツと合わせて着るのもおすすめです。ふんわりしたロングスカートと合わせるのもボリュームのあるコーディネートになっておすすめです。可愛らしい雰囲気になります。重ね着の場合はボタンを外して着ます。中に着るアイテムで色々な雰囲気を出すことができます。パンツでカッコよく見せるのもアリですし、スカートで可愛く着こなすこともできます。シャツワンピースはストライプ柄や花柄など柄物だと1枚で着た時もおしゃれに見えます。無地のものを選べば重ね着しやすいです。ストライプ柄を選ぶと縦のラインを強調できるので着やせ効果も期待できます。無地のものは白や黒など重ね着しやすい色を選ぶと着回ししやすくなります。