トップスとボトムにメリハリ

私はいわゆる下半身太りです。
上半身には細いと言われることもあるのですが、下半身はドーンとお肉がのっかっています。
おしりの大きさと足の太さがコンプレックスで、スキニーやショートパンツなど体のラインが出やすいボトムは残念ながら全く似合いません。
そんな私のコーディネートのこだわりは「トップスはぴったり、ボトムはふんわりでメリハリをつける」ことです。
トップスはデコルテが見える襟ぐりが大きく開いたものや、体にフィットする伸縮性のあるニットや細身のシャツを身につけることが多いです。
顔色がぱっと見える明るい色や、目をひく柄物やアクセサリーを上半身に持ってくることもあります。
ボトムは逆にガウチョパンツやロングスカート、ワイドパンツといった足を隠してくれる服を選ぶようにしています。
クロップドパンツやスキニーのようなスッキリしたボトムを買う場合はブラックやネイビーなど締まって見えるダークカラーを選ぶようにしています。
足元は、ボトムと同じか同系統のカラーの靴を選びます。こうすることで全体を引きで見たときに分断されず、下半身がまとまってスッキリと見えることが多いからです。
体型であまり悩みすぎずに、スタイル良く見える組み合わせやカラーはどういうものだろう?と考え、自分らしい服を選ぶことを大切にしています。